ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

フリーランスのための戦略的休息のススメ ~ アクセルの踏みっぱなしにならないために

働くお母さまの為の離婚相談

私もそうですが、フリーランスで仕事をしている人は、定休日が決まっていません。

 

ですから、自分で計画的に休息をとらないと、ずっと働きっぱなしの状態になりがちです。

 

仕事でのパフォーマンスを落とさないために、休息も戦略的にとる必要があります。

<目次>

1.フリーランスは、アクセルを踏みっぱなしになりがち

2.戦略的休息のススメ

3.まとめ ~戦略的休息をとった方が仕事のパフォーマンスは上がる

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.フリーランスは、アクセルを踏みっぱなしになりがち

フリーランスで仕事をしている人は、会社員や公務員とは違い、休みの日があらかじめ決まっているわけではありません。

 

そうすると、次々と仕事の予定が入ってしまい、気がつくと土曜日も日曜日もなく、休みなしでアクセルを踏みっぱなしで突っ走ることになりがちです。

 

若くて、体力気力が充実していて、向上心も強い経営者などが陥りがちなパターンです。

 

しかし、休みもなく走り続けていると、頭も身体も心も疲弊してきます。

 

そうすると、知らず知らずのうちに仕事でミスを繰り返したり、仕事のパフォーマンスが落ちてしまうことがあります。

 

そうならないために、特にフリーランスの人こそ、休息をきちんととることを意識する必要があります。

 

2.戦略的休息のススメ

ただし、フリーランスの仕事の場合は、休みの日をいつ、どのように設定するのかも含めて、すべて自分自身でプロデュースする必要があります。

 

フリーランスの場合、時間ができたら休もうとか思っていても、永久に時間はやってきません。

 

要するに、「休息」というものをきちんと位置づけて、予め「休息」の予定をきちんと決めて、それを強い意志で実行する(強い意志で休む)ことが重要です。

 

そう、フリーランスは「休息」も戦略的にとる必要があるのです。

 

このときに重要なのは、その「休息」の日に何をやるのか、予めある程度計画を立ててしまうことです。

 

「休息」日の予定が曖昧なままでは、ついつい誘惑に負けてその日に仕事の予定を入れてしまう可能性があり、「休息」にならないからです。

 

一番良いのは、予め旅行の予定を入れてしまうとか、家族や友人と遊びに行く予定を入れてしまうことです。

 

ちなみにフリーランスであれば、その「休息」日は必ずしも土日である必要はなく、平日に休みを入れるのもアリでしょう。

 

この点、私の場合は、原則として土曜日か日曜日のどちらかを「休息」日にすることが多いです。

 

最近では、「休息」日にもっぱら息子を電車に乗りに連れて行くことが多くなっています。

 

これも、事前に息子と約束しますので、息子は極めてそれを楽しみにしていますので、安易にキャンセルはできません。

 

また、時には平日に休みをいれることもあります。

 

先日は、土日にプラスして金曜日と月曜日を休み、4連休としました。

 

時にはこのくらい仕事を離れて「休息」をとってみるのも、とてもリフレッシュになります。

 

ただし、私の場合は、「休息」日でも、100%オフにはしないようにしています。

 

最低限、メールのチェックはしますし、対応が必要であれば、返信や電話をかけることもあります。

 

いわゆる、オンとオフを完全に切り替えるということはあえてしていません。

 

これは、あくまで私の個人的な考え方ですが、フリーランスはどんな仕事をどの程度、どのようにやるかをある程度自分自身でプロデュースできる立場ですので、オンとオフを完全に切り替える必要はなく、ある程度臨機応変に対応した方が良いと考えているからです(ただし、気をつけないとけじめがつかなくなりますので、やりすぎには注意しています)。

 

3.まとめ ~戦略的休息をとった方が仕事のパフォーマンスは上がる

というわけで、戦略的休息を上手に入れて、ダラダラとアクセル踏みっぱなしで仕事をし続けていつの間にかパフォーマンスを落としてしまうことは避けたいところです。

 

逆に、あえて「休息」を意識的にとった方が、仕事のパフォーマンスは上がります。

 

頭、身体、心の疲労をしっかりとる必要がありますし、リフレッシュできれば、また仕事をがんばろうというモチベーションがわいてきます。

 

私も、先日4日間休んだときは、4日目の日はそろそろ仕事がしたいと思うようになっていました(笑)。

 

フリーランスは、戦略的休息を上手く取り入れながら、仕事のパフォーマンスを上げていく工夫が求められると思います。

 

 

【編集後記】

東京都内は再びコロナ感染者が増加傾向で心配ですね。

 

6月からほぼ通常の勤務体制になって、基本的に毎日勤務していました(ただし、自転車ですが)。

 

今週は、事務所内の「密」を少しでも避けるため、少し出勤日数を減らして、また一部在宅リモートワークをする予定です。

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT