ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

守・破・離は「守」が一番重要 ~ビギナーの頃の愚直な実践こそ飛躍の鍵

働くお母さまの為の離婚相談

守・破・離、つまり、教えを守り、破り、離れる、これは成長の1つのプロセスとして有名です。

 

私の経験では、この守・破・離のうち、最も重要なのは最初の「守」です。

 

「守」すなわち、愚直な実践で基礎をしっかりと身につければ、「破」と「離」は比較的スムーズに行くはずです。

<目次>

1.そもそも守・破・離とは?

2.最も重要なのは「守」、すなわち愚直な実践

3.まとめ ~基礎を身につければ成長は早い

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.そもそも守・破・離とは?

守・破・離(しゅ・は・り)とは、初心者が物事をマスターしていくための、1つの常道的なプロセスだと言われています。

 

「守」とは、守る、つまり、ビギナーが師匠などから教えを請い、その教えを素直に実践して基礎的な力を身につけることです。

 

「破」とは、破る、つまり、基礎力が十分に身についた段階で、師匠の教えをあえて破ってみる。

 

そして、「離」とは、離れる、すなわち、恩師の教えから離れ、自分の個性、持ち味を生かして独自の道を歩んでいく段階です。

 

このプロセスでは、まず教えられたことを素直に「守る」、つまり徹底的に実践します。

 

そうして徐々に力がついてくるに従って、師匠の教えを愚直に実行していると、何か違和感のようなものを感じる時期が訪れます。

 

その、まず教えを徹底的に実践して基礎力を身につけた上で、初めて感じる違和感が、その人の持ち味、個性と言えるものでしょう。

 

その段階まで来ると、その違和感に基づいて、その師匠の教えをいったん破ってみる時期が訪れます。

 

そして、その後、徐々に自分独自のやり方を身につけ、いつか師匠の教えから離れる時期が訪れるということです。

 

2.最も重要なのは「守」、すなわち愚直な実践

重要なことは、「破」や「離」の時期が訪れるのは、あくまで愚直な実践に基づく基礎力が身についていることが大前提だということです。

 

私の経験でいえば、司法試験の受験時代に、最初の1年目の予備校の基礎コース時代の経験があります。

 

司法試験受験のカリスマ的存在である伊藤真氏に習っていた私は、最初の1年目は、伊藤真氏の教えを徹底的に実践しました。

 

とにかく教えられたことはすべて愚直に、かつ徹底的にやりました。

 

六法を引けと言われれば、1年間で新品だったポケット六法が使い物にならないくらいボロボロになるまで引きに引きまくりました。

 

こうして基礎を作る段階で、師匠の教えを愚直に実践したので、その後の受験生活は比較的スムーズに乗り切ることができました。

 

このように、「守」を徹底的にやっていると、「破」や「離」の時期というものは比較的スムーズにやってきます。

 

新人弁護士だった頃も、早く仕事を覚えたかったので、とにかく先輩弁護士の見よう見まねで徹底的に実践しました。

 

そうしたところ、数年経つと、自分なりの「違和感」を感じるようになりました。

 

その頃になって初めて、愚直に先輩のマネをするだけでは物足りないというか、自分独自のやり方のようなものが見えてきたと思います。

 

今思えば、それが、「守」を徹底的に行った後に、ある意味自然に訪れた「破」と「離」の時期だったのかなと思います。

 

3.まとめ ~基礎を身につければ成長は早い

このように、「守」が一番大事なのですが、「守」の段階が最も大変で、忍耐力も必要となる期間です。

 

なので、この「守」の段階で耐えられなくなり、早々に離れてしまう人がいます。

 

しかし、それは本当の意味での「破」でも「離」でもありません。

 

「破」と「離」が訪れるのは、「守」を徹底的に実践したという自信があって初めて感じる「違和感」であり、だからこそ堂々と「破」と「離」の段階に進んで一人前になれるのです。

 

仕事でも勉強でも、何でもそうですが、何か新しいことをマスターしようという場合、最初の「守」の段階が一番大変で、しんどい時期です。

 

この段階ではあれこれ余計なことはあまり考えずに、教えられたことを素直に実践することが求められます。

 

素直に実践していても、なかなか成果が見えなかったりして、辛い時期でもあります。

 

しかし、実践を続けていないと成果は訪れないものです。

 

この成果は見えないけれども徹底的に素直に実践するという忍耐力、粘り強さが、この「守」の段階では必要なのです。

 

何かをマスターするためには、この「守」の段階をがんばることが重要です。

 

何事も、しっかりとした基礎力を身につければ、必ずそれはその後の飛躍の鍵になるものです。

 

 

【編集後記】

今日は午前中は所内の会議、午後は夕方からオンライン(zoom)会議2つの予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT