ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

最近まで残っていた、非嫡出子の相続分の差別規定 〜最高裁の違憲判決と戸籍上の結婚に対する社会の変化

働くお母さまの為の離婚相談

2013(平成25)年に民法が改正されるまで、非嫡出子は親等の財産の相続において、嫡出子の相続分の半分と法律で定められていました。

 

この非嫡出子を相続分で差別する規定は、長年憲法違反であると指摘されながらも、ずっと残り続けてきました。

 

今回、これが改正されるきっかけとなったのが、2013(平成25)年9月4日に出された最高裁の違憲判断でした。

<目次>

1.非嫡出子の相続分を差別する規定 ~こんな不合理な法律がつい最近まで残っていた?

2.最高裁の違憲判断とその理由

3.戸籍上の結婚に対する社会の変化

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.非嫡出子の相続分を差別する規定 ~こんな不合理な法律がつい最近まで残っていた?

法律上の(つまり、婚姻届を出した戸籍上の)婚姻関係を結んでいる夫婦の間に生まれた子どもを、法律上嫡出子と言います。

 

そして、こうした法律上の婚姻関係を結んでいない男女の間に生まれた子どもを、非嫡出子と言います。

 

この点、2013(平成25)年に民法が改正される前は、親等から財産を相続する子どもについて、非嫡出子の相続分は、嫡出子の相続分の半分であると規定されていました(改正前民法900条4号但書)。

 

私が司法試験の受験勉強をしていた頃、いまだにこのような不合理な規定が存在しているのかと憤った覚えがあります。

 

生まれてくる子どもにとっては、自分が嫡出子になるか、非嫡出子になるかを選択することはできません。

 

それにも関わらず、相続に関して非嫡出子を差別的に取り扱うことは、法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反するのではないかと、かなり以前から指摘されていました。

 

多くの憲法学者は、この改正前民法900条4号但書が憲法違反であると批判し、また裁判の場でも争われてきましたが、最高裁は長年一貫してこの規定は合憲であるとの判断を続けて来ました。

 

背景には、法律上の婚姻関係(戸籍上の婚姻関係)を尊重すべきであるという根強い価値観がありました。

 

2.最高裁の違憲判断とその理由

そのような最高裁が、判断を改め、2013(平成25)年9月4日に、遺産相続に関して、非嫡出子の法定相続分を、嫡出子の2分の1とすることを定める民法900条4号但書の規定について、憲法14条1項の法の下の平等に違反するとする最高裁の大法廷の決定が出されました。

 

この最高裁の決定は、違憲判断をした理由として、次のような事情を取り上げました。

 

まず、戦後から現在にいたるまでの社会の動向や、わが国における家族形態の多様化やこれに伴う国民の意識の変化、すなわち、わが国においても役所に婚姻届を出すという法律上の婚姻を選択しない男女の関係や夫婦も多くなり、非嫡出子の数も増え、そうした現象を許容するような国民の意識の変化があること。

 

次に、諸外国において同様の非嫡出子を差別する制度を設けていた国々が順次こうした差別を撤廃していること。

 

また、国連の関連組織である自由権規約委員会が、平成5年に、わが国に対し、こうした非嫡出子に関する差別的規定の削除を勧告したこと。

 

さらに、非嫡出子に関する住民票や戸籍の記載についての法令が一部改正されたこと(たとえば、住民票の世帯主の子は、嫡出子であるか非嫡出子であるかを区別することなく、一律に「子」と記載されるようになりました。また、戸籍については、非嫡出子も嫡出子と同様に「長男(長女)」と記載されるようになりました)。

 

そして、最高裁の決定は、これらの事情からすると、現在では、家族という共同体の中における個人の尊重がより明確に認識されていることは明らかであり、父母が婚姻関係になかったという、子にとっては自ら選択ないし修正する余地のない事柄を理由としてその子に不利益を及ぼすことは許されず、子を個人として尊重し、その権利を保障すべきであるという考えが確立されてきているものということができるとしました。

 

3.戸籍上の結婚に対する社会の変化

このように、最高裁の判断も、遅きに失した感はありますが、家族の多様性に関する社会の変化を認めざるを得なくなり、戸籍上の結婚を絶対視する姿勢を改めました(もっとも、戸籍上の結婚にこだわったとしても、上記のように非嫡出子を不合理に差別することが許されるわけではありませんが)。

 

この最高裁の違憲判断がきっかけとなり、2013(平成25)年に民法が改正され、非嫡出子の相続分を嫡出子の2分の1とする民法900条4号但書の規定が削除されました。

 

したがって、今ではこのような差別規定はなく、嫡出子と非嫡出子の相続分は平等となりました。

 

近年では、戸籍上の結婚を選択しない事実婚の夫婦や、性的マイノリティーの方々の結婚なども増えてきています。

 

そして、社会の人々の意識としても、こうした家族の多様性を前提にした意識が進んでいます。

 

少なくとも、国家が戸籍上の結婚というモデルを設定し、国民にそれを強制する(それを選択しない人を排除する)ようなシステムは完全に時代遅れであり、許されるものではありません。

 

今後は、選択的夫婦別姓制度の導入なども含めて、より家族のあり方の多様性に配慮したシステムを導入していくことが求められると思います。

 

 

【編集後記】

この4連休は、私にしてはめずらしく、酒を飲み過ぎて生活が乱れることがありませんでした。

 

連休中も常に早寝早起きができ、よく学び、よく遊び、よく仕事をしてバランスの良い生活を送れました。

 

お酒は飲むには飲んでいましたが、悲しいかな最近弱くなっており、夜はいつも早く眠くなってしまいます。

 

夜遅くまで起きているよりも、朝早く起きて活動する方が楽しくなっています。

 

これも年齢による変化でしょうか?

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT