ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

ランニングを習慣化する5つの方法 ~ゆるく始めて長く続けるコツ

働くお母さまの為の離婚相談

ランニングには様々なメリットがあり、長く続ければ人生に大きなメリットがあると思います。

 

今日は、ランニングを習慣化する方法を考えてみたいと思います。

<目次>

1.ランニングはメリットが大きい、しかし・・・

2.ランニングを習慣化する5つの方法

3.まとめ ~力を抜いてとにかく楽しむ気持ちで

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.ランニングはメリットが大きい、しかし・・・

ランニングを本格的にはじめてかれこれ10年になります。

 

これだけ長く続けているのは、私自身でランニングの大きなメリットを感じているからです。

 

私なりのランニングのメリットは、以前もこのブログで書きました。

「早朝ランニングを勧める7つ+αの理由 ~健康、ストレス解消、うつ病予防、認知症予防、アイデアなど」

https://ameblo.jp/bigsaga/entry-12606441874.html?frm=theme

 

特に、長い人生という視点で見た場合、ランニングをする習慣を身につければ、非常に大きなメリットがあると思います。

 

しかし、ランニングを始めてみたものの、途中でやめてしまう人も少なくありません。

 

せっかくランニングを始めたのに、習慣化せずにやめてしまうのはとてももったいないと思います。

 

このランニングを習慣化するためには、ちょっとしたコツがいります。

 

2.ランニングを習慣化する5つの方法

(1)最初のハードルはとにかく下げる

ランニングに限らず、何か新しいことを始めようという場合、気合いが入りすぎてしまうことがあります。

 

特に、何か新しく運動を始めるという場合は、なおさらそうした傾向になりやすいと言えます。

 

毎日走ると決めたら何が何でも毎日走るとか、自分の限界を超えたスピードで走ってしまうなどいろいろあります。

 

しかし、最初から自分で自分のハードルを上げすぎてしまっては、長く続きません。

 

気合いを入れるのは良いですが、最初から無理をすると怪我をするリスクも高く、とても危険です。

 

ハードルを上げすぎると、ランニングそのものが辛く苦しいものになってしまい、習慣化する前に挫折してしまいます。

 

そもそも、ランニングは、その気になれば、たった1人でいつでも気軽に始めることができるのが大きな利点です。

 

最初はゆるく始めて、スピードは上げすぎないで気持ちよく走れるペースが良いでしょう。

 

疲れた日は無理して走らなくても良いでしょう。

 

そうやって、まずランニングの爽快感や楽しさを感じることが大きなポイントです。

 

(2)形から入る

本来、ランニングは運動靴とTシャツ、短パンなどで気軽に実行することができます。

 

ただ、最近では、ランニングブームが続いていることもあり、オシャレなシューズやウエアーも増えています。

 

身につけるのが楽しくなるような、自分のお気に入りのシューズやウエアーを購入するのも1つの手です。

 

お気に入りのシューズやウエアーを身につけて走るのは楽しいことです。

 

楽しいことは続きます。

 

形から入って習慣化するというのもアリだと思います。

 

(3)仲間を作る

たった1人でも始められるのがランニングのメリットではありますが、仲間がいればより一層楽しくなります。

 

私も、最近はコロナの関係でできませんが、かつては仲間と皇居ランなどをして、その後で打ち上げをしたりしていました。

 

仲間と一緒にランニングで汗を流して、その後で飲むビールは格別の味です。

 

ランニング仲間が見つからないという場合には、今はSNSなどでランニングのオフ会などもいろいろありますので、そういったものに参加してみるのも良いと思います。

 

一緒に楽しく走る仲間がいれば、それだけ習慣化しやすくなると思います。

 

(4)大会に出てみる

ある程度走ることに慣れてきたら、ぜひ各地で開催されているマラソン大会に出てみることをお勧めします。

 

1人で黙々と走っている日常と異なり、マラソン大会は応援もあって、走っていてとてもテンションが上がります。

 

また、大会に出るという目標があれば、それに向かって日々のランニングのモチベーションも高まります。

 

ランニング仲間がいれば、仲間と一緒に大会に出場すれば、それこそ相乗効果でランニングがより一層楽しくなると思います。

 

(5)記録にこだわりすぎない

マラソン大会に出場することはとても良いと思います。

 

しかし、マラソン大会における記録にはあまりこだわらない方が良いでしょう。

 

記録にこだわるというのは、つまり比較すると言うことです。

 

比較といった場合、1つは他人との比較です。

 

仲間同士で記録を競い合うのは良いですが、あまりやり過ぎると楽しくなくなる原因にもなりかねません。

 

もう1つは、過去の自己記録との比較です。

 

過去の自己ベスト記録をさらに更新できたときは、とても気持ちの良いものです。

 

しかし、マラソンは当日のコンディションなどによってかなりの影響があるものです。

 

自己ベスト更新にばかりこだわりすぎていると、やはりこれもどこかで辛くなってしまうかも知れません。

 

長く続けていれば、年齢による衰えということも避けては通れません。

 

ですから、記録をのばす努力はしつつも、あまりこだわりすぎないことが重要です。

 

基本は、ランニングを楽しむということが大切だと思います。

 

3.まとめ ~力を抜いてとにかく楽しむ気持ちで

以上をまとめますと、やはりいろいろな場面で力が入りすぎると長続きしない傾向があります。

 

ランニングを習慣化する、つまり長く続けるためには、やはり楽しむという基本から離れないようにした方が良いと思います。

 

無理をしない、がんばりすぎないというのがポイントです。

 

力を抜いて、楽しみながら長く続ける、これがランニングを習慣化する秘訣だと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT