ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

異業種の人と積極的に交流した方が良い5つの理由

働くお母さまの為の離婚相談

異業種の人と積極的に交流すると、いろいろとメリットがあると思います。

 

自分の業界の中だけで固まっていないで、積極的に業界の外の人と交流することをお勧めします。

<目次>

1.同業者との付き合いは心地よい、しかし・・・

2.異業種の人と積極的に交流した方が良い5つの理由

3.まとめ ~心地よさの殻を破ることも必要

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.同業者との付き合いは心地よい、しかし・・・

同業者との付き合いというものは、心地よいものです。

 

何といっても同じ業界という共通点がありますし、お互いに共感できるポイントや悩みも共有しやすくなります。

 

特に、弁護士や税理士など、いわゆる士業と呼ばれる業界は、同業者同士の付き合いが好きです。

 

そもそも弁護士会や税理士会という強制加入の業界団体がありますし、その中の会務や活動などもあって、良くも悪くも人間関係は濃密になりがちです。

 

同業者との付き合いを否定することはありませんが、その業界の色に染まりすぎてしまうのも考え物だと思っています。

 

たとえば、弁護士の世界には、最近はさすがにあまり言われなくなりましたが、「弁護士時間」なる言葉が存在していました。

 

その意味するところは必ずしもはっきりしませんが、弁護士は多少約束の時間に遅れても仕方がないといったようなニュアンスが含まれています。

 

事実、弁護士同士の会議や打ち合わせなどには、毎回当たり前のように遅刻してくる人がいます。

 

弁護士同士でだけならまだ良いですが、一昔前は裁判の期日に遅刻したり、お客様との打ち合わせに遅刻してくる人も珍しくありませんでした。

 

これは極端な例かも知れませんが、その業界に染まりすぎると、一般社会の常識からかなりかけ離れてしまい、「おかしな人」とみられてしまいかねません。

 

逆に、異業種の人と積極的に交流していれば、自分の業界のおかしなところも分かりますし、新たな発見などもあって、自分の勉強や成長に大いに役立ちます。

 

2.異業種の人と積極的に交流した方が良い5つの理由

(1)視野が広がる

異業種交流の1つめのメリットは、やはり自分自身の視野が広がるということがあると思います。

 

業界の中だけで付き合っていては出てこない発想や方法などを、異業種の人と交流していて気づかされたり学んだりすることは少なくありません。

 

たとえば、弁護士業界は、これまであまり営業やマーケティングには力を入れてこなかったのですが、こうしたことは異業種の人からかなり教えられることがあります。

 

また、弁護士業界も近年は増員等で経営が厳しくなってきています。

 

こうした問題を同業者同士で話をしていても、悲観論ばかりが出てきて、あまりプラス思考の発想が出てきません。

 

しかし、目を外に向けてみれば、今のご時世、もっと厳しい業界は山ほどありますし、逆に、私の業界はまだまだ営業なども工夫の余地があったり、集客の仕方など開拓の余地があることに気づかされます。

 

(2)自分の業界を客観視できる

先ほど、「弁護士時間」の例を出しましたが、自分の業界の中だけで生きていると、いつの間にか世間から見れば通用しないおかしな常識が身についてしまうことがあります。

 

しかし、異業種の人と交流していれば、他の業界と比較して、さて我が業界はどうか?と自分の業界を客観視することができます。

 

客観視できるということは、自分の業界の悪いところばかりではなく、良いところも再発見することになります。

 

上記でも見たとおり、他の業界の経営上の厳しさを見れば、自分の業界は昔から比較して厳しくなったとはいえ、まだ恵まれている部分も残っているなと感じることもあります。

 

(3)社交能力が鍛えられる

同業者同士で付き合っているときは、あまり気遣いも入りませんし、共通の話題もたくさんあり、いわゆる業界用語も飛び交います。

 

しかし、異業種交流となれば、業界用語などは通用しません。

 

また、話題についても、自分の好きなことをしゃべっていれば良いというものではなく、あくまで相手との関係で話題を作ったり、話を盛り上げる努力をしなければなりません。

 

こうした作業は、異業種交流に慣れていない場合は、大変に気疲れしますし、しんどいものがあります。

 

しかし、そうした努力を積み重ねる過程で、異業種の人と付き合うコミュニケーション能力や、社交能力がかなり鍛えられます。

 

こうした能力は、当然に本業でのお客様とのやり取りにも生きてきますので、非常にプラスになります。

 

(4)人脈が広がる

そして、異業種の人と積極的に交流すれば、それが人脈となって広がる可能性があります。

 

人脈が広がれば、それがいつか自分の仕事につながる可能性も広がります。

 

また、直接的な利益だけではなく、人間が多くを学んだり成長したりするのは、実は人との付き合いにおいてということが少なくありません。

 

新たな人との交流は、自分の成長に大きくつながっていると思います。

 

(5)生きた情報収集ができる

また、異業種の人から得られる情報というものも決してばかになりません。

 

その人の業界の裏事情であるとか、経営環境であるとか、新聞やニュースを見てもなかなか得られない情報が得られる可能性があります。

 

こうした情報は、そもそも異業種の人と付き合わなければ得られませんし、本を読んだからといって得られるものでもありません。

 

こうした生きた情報を収集できることも、異業種交流の大きなメリットだと思います。

 

3.まとめ ~心地よさの殻を破ることも必要

異業種交流には、こうした様々なメリットがあると思います。

 

しかし、異業種交流はしんどい面があることも事実です。

 

気も遣いますし、慣れないうちは話題を探すのも苦労します。

 

この点は、同業者同士で付き合っている方が心地よく、気も楽です。

 

しかし、言い方は悪いですが、ぬるま湯にばかりつかっていては成長はありません。

 

最初はしんどい思いをしながらも、心地よさの殻を破って外に出て行くことも必要だと思います。

 

 

 

【編集後記】

朝晩はすっかり涼しくなりましたね。

 

朝のランニングが一番心地よい季節です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT