ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

会社の利益も社員の給料も上げるキャッシュフロー経営~ ②売上が10%増加したらどうなる?

働くお母さまの為の離婚相談

前回は、お金のブロックパズルを使って、会社のお金の流れの全体像を見てみました。

 

それでは、会社の利益も増やし、社員の給料も上げるにはどうしたら良いのでしょうか?

<目次>

1.売上が10%増えたら会社の数字はどうなるか?

2.労働分配率がカギ

3.社員のボーナス原資が2倍に!?

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.売上が10%増えたら会社の数字はどうなるか?

前回のところでは、お金のブロックパズルを用いて、売上から利益、最後の繰越金まで数字を入れてみました。

 

売上や粗利が伸びないという前提で、利益を増やそうとすれば、一番安易な方法としては人件費を減らすというやり方があります。

 

しかし、これは前回お話したとおり、社員のモチベーションや生産性を下げることになるので、長期的に見れば会社にとってはマイナスになる方法です。

 

他方で、売上や粗利の数字を伸ばすことができれば、それだけ人件費や利益も増加する余地があります。

 

それでは、具体的にはどの程度売上や粗利を増やせば良いのでしょうか?

 

この点、売上や粗利が前年比で2倍、3倍にもなれば良いのでしょうが、現実問題として、このご時世で1年で売上をそこまで伸ばすことは非常に困難で、現実的ではありません。

 

ただ、前年比で10%増くらいであれば、売上や粗利を増やすことはできるかもしれず、現実的な目標と言えるかも知れません。

 

仮に、売上が10%伸びた場合の各ブロックの数字は次のようになります(赤字の部分)。

売上は110となり、変動費は売上に比例して増えますので22、そして、粗利率は基本的に大きく変わりませんので、粗利は88となります。

 

そして、固定費のうち、その他固定費は基本的に変わりませんので30、人件費は労働分配率が50%で変わらなかった場合は44、そして最終的な利益は14となります。

 

ここでまず注目すべきは、売上が10%増えると、最終的な利益は対前年比で140%にもなるということです。

 

2.労働分配率がカギ

それでは、会社の売上が10%増えた場合、社員の給料はどうなるでしょうか?

 

ここでは、先ほど見た労働分配率が1つのカギになります。

 

労働分配率とは、粗利に対する人件費の割合のことです。

 

人件費は、固定費の中でも最も大きな費用ですので、会社の規模や経営状態に応じて、大きすぎず、小さすぎず、適切にコントロールすることが必要です。

 

この点、労働分配率がどの程度であれば適正なのかは、業種や会社の規模によって様々ですが、一般的な目安としては、50~60%であれば妥当なライン、60%以上であれば少し人件費負担が重いと言われています。

 

この点、上記の例では労働分配率が50%ですから、まあ適正なラインと言えそうです。

 

そこで、売上が10%増えて、労働分配率を以前と同じ50%にすれば、上記のお金のブロックパズルで人件費は40から44に増えることになります。

 

つまり、売上が10%増えて粗利も10%増え、人件費も10%増えたことになります。

 

3.社員のボーナス原資が2倍に!?

大切なことは、この人件費10%アップをどのように捉えるかということです。

 

人件費のうち、中小企業の場合はだいたい3~4割くらいが役員報酬であると言われています。

 

残りの6割とか7割が社員の給料・ボーナスの割合だということになります。

 

そして、社員のボーナス分というのは、概ね人件費全体の1割くらいと言われています。

 

そうすると、上記のお金のブロックパズルで見ると、以前の人件費40のうち、ボーナスは1割で4相当がボーナス分ということになります。

 

そこにさらに、40から44に増えるわけですから、4増えて、社員のボーナス原資が2倍に増えるということになります。

これは、計算上は、たとえば前年は夏と冬に社員がボーナスをもらっていたものが、さらに今年は2倍、春と秋にもボーナスが出るということを意味します。

 

このように、売上が10%伸びるだけで、会社の利益は対前年比で140%にもなり、社員のボーナス原資が2倍になるのです。

 

それでは、この売上や粗利を増やし、会社の利益と社員の給料の両方を上げるために、会社が具体的にやるべきことは何なのか、これを次回にお話しようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT