ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

資産はあるのになぜ倒産? ~黒字倒産を防ぐためのキャッシュフロー経営

働くお母さまの為の離婚相談

世の中には、会計上会社の資産が計上されていて黒字なのに、なぜか倒産してしまうという場合があります。

 

その原因は、キャッシュフロー、つまりお金の流れが途絶えてしまうことが原因です。

<目次>

1.黒字倒産はなぜ起こるのか?

2.黒字倒産を防ぐためのキャッシュフロー経営

3.まとめ ~大切なことは、お金の流れを見える化すること

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.黒字倒産はなぜ起こるのか?

会計上一定の資産が計上されていて、債務超過でもなく、黒字の会社倒産してしまうことがあります。

 

いわゆる黒字倒産というものです。

 

なぜ、このような黒字倒産が起こるのでしょうか?

 

典型的な例としては、たとえば、建設業の会社で工事を行って、工事代金の支払債権を持っている場合、その代金の支払期限が2ヶ月後、3ヶ月後というケースがあります。

 

このようなケースでは、売掛金として会計上は一定の資産を持っている扱いとなりますが、今すぐ現金化することができず、現金化できるのは2~3ヶ月後ということになります。

 

しかし、今月の従業員の給料や事業所の家賃などを支払うための現金がないという場合、資産はあっても資金がショートしてしまいます。

 

このような場合には、取引のある金融機関などから緊急で融資を受けるということが考えられますが、融資の審査に時間がかかったり、そもそも融資が下りないこともあり得ます。

 

そうなると、万策尽きてしまい、資産はあって会計上は黒字であるけれども、資金がなくて会社が倒産という事態になってしまいます。

 

2.黒字倒産を防ぐためのキャッシュフロー経営

こうした黒字倒産がなぜ起こるのかといえば、社長が会社のお金の流れをきちんと把握できていないことが1つの原因です。

 

毎月、税理士さんから試算表が送られてくると思いますが、税理士さんが作る会計資料は、あくまで税金の計算のためのものであり、会社の今のお金の流れやキャッシュフローが分かりやすくなっているとは限りません。

 

黒字倒産を防ぐためには、やはり1年間の会社のお金の流れを分析する必要があります。

 

たとえば、昨年度の会計実績はわかっていますので、まずは昨年度のお金の流れを分析することで、売上の多い時期や経費の多い時期などがおおむね分かります。

 

その上で、今年度の売上目標や売上予測を立て、経費の支払いの予測も行います。

 

このように分析していくと、たとえば、毎年5月は売上が上がるけど、10月頃は下がるとか、11月は経費が大きくなるとか、ある程度の年間予測を立てることが可能になります。

 

その上で、売掛金や現金の流れも整理していきます。

 

そうすると、今は大丈夫だけれども、このまま行くと3ヶ月後に資金ショートしそうだとか、そういうことが事前にわかります。

 

金融機関の融資を受けるにしても、お金が足りなくなってから借りに行ってもあまり良い顔はされません。

 

しかし、事前に予測を立てて、たとえば3ヶ月後には資金が足りなくなるものの、5ヶ月後には現金が増えそうな見通しがあるとか、そういった年間を通じた予測をきちんと立てていれば、金融機関の融資を受ける際にもかなりの説得力となります。

 

まさに、先を見通したキャッシュフロー経営をきちんと行っていれば、黒字倒産を防ぐことができるのです。

 

3.まとめ ~大切なことは、お金の流れを見える化すること

要するに、大切なことは、決算書の読み方ではなく、会社のお金の流れがきちんと見える化できているかどうかということです。

 

ところが、このお金の流れが今ひとつ見えない、あいまいになっているという社長さんも少なくありません。

 

私は現在、キャッシュフローコーチとしても活動していますが、キャッシュフローコーチは、以下のお金のブロックパズルを使って会社のお金の流れを見える化することから始めています。

 

このお金のブロックパズルは、もともと西順一郎氏の『戦略会計StruckⅡ』(ソーテック社)の中のStruck表をもとに、ビジョナリーパートナーの和仁達也氏がお金の流れの全体を分かりやすく図にしたものです。

 

この図を使えば、売上に対して粗利はどの程度のあるのか(粗利率)、粗利に対して人件費はどのくらいの割会を占めているのか(労働分配率)、売上に対して利益はどのくらい出ているのか、利益から税金や返済などを除いて、繰越金がどの程度あるのかなど、会社のお金の流れが非常にわかりやすくなります。

 

そうはいっても、中小企業の社長の場合、日々の業務が忙しく、なかなか会社のお金の流れを分析する時間もないと思います。

 

そこで、そのような場合には、ぜひ私たちキャッシュフローコーチを利用していただきたいと思います。

 

キャッシュフローコーチがつけば、1ヶ月に1回面談していただき、こちらの質問にお答えいただくだけで、会社のお金の流れを見える化する作業をキャッシュフローコーチが行います。

 

決算書が読めないとか、会社のお金の流れが漠然としていて不安があるという場合は、ぜひキャッシュフローコーチをご活用いただければと思います。

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT