ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

迷ったときこそビジョンに立ち返ることが必要 ~先行き不透明な時代の経営の羅針盤

働くお母さまの為の離婚相談

コロナ禍の今の時代、経営者はどのように判断し、どこに向かっていけば良いのかわからないという声をよく耳にします。

 

今のような先行き不透明で、見通しの立たない時代ほど、実はその会社のビジョンやポリシーに立ち返って考えることが重要です。

<目次>

1.経営者にとって苦難の時代

2.迷ったときこそビジョンに立ち返る

3.コロナの今こそビジョンをかためるチャンス

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.経営者にとって苦難の時代

今年1年間は、そして今後もしばらくは、間違いなく多くの経営者にとって苦難の時代となっています。

 

コロナによって直撃を受ける飲食業や観光業はもちろんですが、その他の業種にも幅広くコロナの影響は及んでいます。

 

また、コロナの感染リスクによる不景気のみならず、コロナの到来によって、良くも悪くも人々のそれまでの生活習慣も大きく変わってしまった部分があります。

 

たとえば、在宅ワークが広がり、公共交通機関が以前ほど利用されなくなったり、オフィスビルの賃貸の解約が続いたりなど、コロナによる生活習慣の変化が様々な業種に影響を及ぼし続けています。

 

こうしたことは、当たり前ですがほんの1年前までは、世界中で誰も予想もしなかったことであり、この1年で経営環境は激変したといえます。

 

こうして社会全体が大きな変化を余儀なくされながらも、コロナの終息の見通しも立っておらず、経営環境の先行き不透明感は増すばかりです。

 

このような時代には、経営者としては、今後自社がどういった方向に進んでいけば良いのかわからない、見通しも立たない中で判断ができない、そんなお悩みをよく聞きます。

 

2.迷ったときこそビジョンに立ち返る

私は、経営者の方からこのようなご相談を受けたときには、その会社のビジョンやポリシーなどをお聞きするようにしています。

 

もしその会社のビジョンやポリシーが明らかでない場合には、その会社の創業時のお話などをうかがい、その会社を立ち上げたときの社長の想いや、会社の経営で大切にしていることなどをお聞きします。

 

そして、その会社なりのビジョンやポリシーが見えてくると、その社長の「やりたいこと」と「やりたくないこと」が段々とはっきりしてきます。

 

そうなれば、おのずとその会社の進むべき方向性も徐々に見え始めてくるのです。

 

会社のビジョンやポリシーというものは、その会社にとって、船のイカリのような役割を果たしてくれるのです。

 

会社のビジョンがしっかりしていると、それは大海原を航海する船の羅針盤のように、進むべき方向を示してくれることになります。

 

もしビジョンがなければ、その会社はその時代その時代の社会情勢や経営環境などにひたすら翻弄され続けることになりますが、ビジョンがしっかりしていれば、会社の経営が大きくぶれることはなくなります。

 

たとえば、同じようにコロナ融資を受けるにしても、会社のビジョンが何もなくて、何も考えずに日々の運転資金だけに消費してしまうのと、会社のビジョン実現のために借りたお金を投資するのとでは、その後の会社の状況は全く違ってきます。

 

3.コロナの今こそビジョンをかためるチャンス

ですから、会社のしっかりしたビジョンやポリシーというものは、実は今のコロナ禍のような、経営環境が厳しく、先行き不透明な時代にこそ真価を発揮するのではないかと想っています。

 

多くの会社がコロナ禍の時代環境に翻弄され続けている中、ビジョンやポリシーがしっかりしていて、その方向に向かっていれば、精神的にかなり余裕をもって会社経営を行っていくことができると思います。

 

また、特に会社のビジョンがしっかりしていない会社の場合は、実は、今のような時代こそ会社のビジョンをしっかりとかためる大きなチャンスなのだということを強調したいと思います。

 

平常時で会社の経営上特に問題が生じていないときには、あえて時間と労力をかけて会社のビジョンを考えたりしないでしょう。

 

しかし、コロナ禍の今では、経営者は嫌でも自分の内面や自社のあり方などの根本的な部分に目を向けざるを得なくなります。

 

そういうときこそ人は真剣に考えますし、ビジョン策定の投資効果が最も高い時期にあると言えます。

 

なお、弁護士でキャッシュフローコーチでもある私は、経営者の皆さまのビジョン作りのお手伝いも行っております。

 

今の時代、ピンチをチャンスに変えるためにも、しっかりとした自社のビジョンを作ってみませんか?

 

 

 

【編集後記】

本日は、夜に東京土建世田谷支部というところで、民法改正に対応した契約書の作成というテーマでセミナーを行います。

 

 

 

 

 

  
PREVIOUS / NEXT