ワーキングマザー離婚相談室(ワーママ・働くお母様・働くお母さん)
                 渋谷駅徒歩5分  
03-3463-4351

コロナ対策〜リアルな接触を避けて、zoom法律相談、zoom打ち合わせ、zoom会議、そしてzoom飲み

働くお母さまの為の離婚相談

新型コロナウイルスの関係で、いよいよ緊急事態宣言が出されようとしています。

このコロナ騒動がいつ終息するのか、今の段階ではまだ分かりませんが、欧米での感染爆発や医療崩壊の悲惨な状況を見ていると、やはり今は人と人とのリアルな接触はできるだけ避けた方がよいでしょう。

そのような中、仕事やプライベートなどで、zoomを使う人が増えています。

zoomは、パソコンやスマホを使って、ミーティングやセミナーなどをオンラインで開催できるアプリです。

無料版は、アカウントをインストールするだけで簡単に使えます。

https://zoom.us/jp-jp/meetings.html

私もこの間、主に仕事面でのオンライン化を進めるため、zoomによる法律相談、お客様との打ち合わせ、会議などを経験しました。

そして、おまけに友人とzoom飲みというのもやってみました。

 

以下、それぞれ体験談を書いてみます。

 

1 zoomによる法律相談

これは、新規のお客様の初回法律相談をzoomで経験したということです。

通常、新規のお客様の法律相談は、原則として事務所までお越しいただいて、面談でのご相談ということになります。

しかし、コロナ感染のリスクが高まる中、やはりオンラインによるご新規の方の法律相談というメニューもご用意する必要を感じ、先月あたりから対応しています。

ご相談いただいたのは、私の弁護士ドットコムのページからお問い合わせいただいた方でした。

https://www.bengo4.com/tokyo/a_13113/l_111454/

メールでお問い合わせいただいて、法律相談をご希望でしたので、zoomによる法律相談メニューをご紹介したところ、そちらを希望されました。

まったくご新規のご相談者でしたが、事前にzoomのアカウントをインストールしていただくようにお願いし、その後、私の方から約束した日時に、ご相談者のメールアドレスにzoomミーティングのURLをお送りしました。

ご相談者の方で、そのURLをクリックしていただけば、簡単にオンラインでつながることができます。

お互いに初対面で、画面に双方の顔を映しながらのご相談でしたが、特に違和感もなく、特段やりにくさといったものも感じませんでした。

電子メールやスマートフォンをお使いの方であれば、zoomは簡単に使うことができますので、これからもご希望に応じてzoomによる法律相談を進めていきたいと思います。

 

2 zoomによるお客様との打ち合わせ

すでに受任しているお客様との間で、事件の方針などを協議する打ち合わせも、これまでは原則として私の事務所で直接ご対面して行っておりました。

しかし、こういうご時勢ですし、打ち合わせのお約束をさせていただいているお客様にも、zoomによる打ち合わせもできますよとお話ししますと、たいがいそちらの方を希望される方が多いです。

zoomによる打ち合わせも、上記と同様に電子メールかスマートフォンをお使いの方であれば簡単に可能ですし、zoomは画面の共有といって、パソコンの画面に映した資料などを共有することができる昨日がありますので、資料を使いながらの打ち合わせにも便利です。

ただ、事件によっては、お客様からお預かりする資料が大量になり、それらの資料をひっくり返して打ち合わせをする必要がある場合がありますが、そのような場合はさすがにzoomは不便であろうと思われます。

お客様との関係では、打ち合わせはできるだけ直接お目にかかって行いたいという思いはありますが、このコロナ騒動が落ち着くまでは、zoomによる打ち合わせが多くなりそうです。

 

3 zoomによる会議

弁護士は、会議の多い仕事です。

特に、弁護団会議など、同業者同士での会議が少なくありません。

これらの弁護団会議については、通常はどこかの事務所や会議室に集合して行うのですが、さすがにこのご時勢、やはり密着しがちなリアル会議はできるだけ避けるべきでしょう。

そこで、私の業界でも、ここ1〜2ヶ月の間に、zoomによる会議が急速に浸透してきたように思います。

3人以上での会議の場合、基本的には1人が話している間は他の人はそれを聞くというスタイルになりますが、逆に、人の話を途中で遮ったりするようなマナーの悪い人がいなくなったように思います。

また、リアル会議に比べて時間通りに開始しやすいですし、会議の司会進行も、リアル会議よりもサクサク進むように感じます。

逆に、今までのリアル会議は結構無駄が多かったのかなと思ったりもします。

また、会議の行き帰りの移動時間も短縮できるので助かります。

これからは、どうしてもリアルで行う必要のある重大な会議以外は、zoomによる会議でほとんど代替できてしまうのではないでしょうか。

 

4 zoom飲み

おまけですが、先日、ごく親しい友人と、zoom飲みというのをしてみました。

私はお酒が好きで、飲みに行くのも大好きです。

1人飲みも好きですし、親しい友人知人とワイワイ楽しく飲むのも好きです。

はっきり言って、コロナ騒動になってから、この飲みに行けなくなったというのが正直一番辛いところです。

時には、親しい友人と一杯酌み交わし、心置きなく会話を楽しみたいものです。

そこで、私から友人に、今流行り(?)のzoom飲みしないかと声をかけたところ、その友人はzoom未経験者だったのですが、快諾してくれました。

確かに、酔っ払ってくると、お互いに話がかぶってしまったりして、聞こえづらくなることはありますが、久しぶりに仲の良い友人と(オンラインで)会えて楽しかったです。

子どもが寝てしまった後の時間帯であれば、家族から白い目でみられることもありませんしね(むしろ、外に飲みに行くよりも喜ばれるかも?)。

私が経験したのは、zoomサシ飲みだったのですが、これが人数が増えてくると、ちょっと難しくなるかも知れません。

しかし、別のところから今度はzoom飲み会をしようとのお誘いがあり、喜んで参加する予定です。

ただでさえ、今後しばらくは自宅に閉じこもりがちになりますので、オンラインであっても飲み会の機会は大事にしたいところですね。

  
PREVIOUS / NEXT